スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒壁とフィギュアとシュクレのパンと@おでかけ

冬休みの唯一のお出かけは、日帰りドライブでした。

パン旅に出かけたかったけどあいにくの年末年始体制で行きたいお店と場所が一致せず、
今回は単なるドライブになりました。

目的地は、最初は、近江八幡だったのですがドライブ途中で、気分が変わって急遽変更して、長浜に。

パンはなしといいましたけど、ただでは転ばないですよ。
ちょっと寄り道して朝ごはんを食べてから出発ということに。

向かうのは・・・結局いつものお店へ♪

210920シュクレ外観

お店の画像は使い回しです…。

今回はダンナも珍しく一緒に店内へ。

普段ひとりで行くので逆に妙に落ち着かない><

実は彼は、以前今日のパンで食べたブリーのカスクルートがかなりツボにはまった模様。
今回も買ってうまいうまいといいまくってました。(ヨシッ!←awa_tamaココロのガッツポーズ)

とっとと食べられちゃったので、写真も撮る余地なし…。

211229シュクレタルトフランべ1

私は、お気に入りのタルトフランベ。最近あれば必ず買っちゃいます。
近所のコンビニで、コーヒーを買い、少し遅めの朝食を済まして出発!

近江八幡に行こうと思ってたのを直前のPAで行き先変更。
向かった先は長浜。

211229長浜黒壁1

黒壁スクエア。

後で調べるとまちづくりの第3セクターがやっている事業なんですね。
街並みが統一されていて落ち着いた感じ。

お昼過ぎについてので(といってもシュクレパンでそれほどおなかがすいてなかったけど。)、
旅の楽しみの名物を・・・。
行列のできる超有名な親子丼の店があったのですが、並ぶのが嫌いなだんなにあっさり却下・・・ブー。
仕方なくしばらく歩いていると、『長浜名物 鯖そうめん』の看板が。

211229長浜黒壁2

翼果楼(よかろう)

『名物にうまいもの・・・』という言葉があるけど、食べてみたくなって入ってみました。
町家風の建物の中は、暖房が効いててぽかぽか。

私は、鯖そうめん単品で。

211229鯖そうめん1

出てきてビックリ。
色っ濃っ!
汁もない!!

でも、しっかりそうめんには甘辛いつゆがしみこんでいて、結構味も色同様に鯖のだしもしみしみで濃かったです。
本当につゆが全くなく、全然水分が残っていなかったというか、煮汁が完全にそうめんにしみこんでいて
鯖の方は、すごくやわらかく煮込まれていて、骨まで食べられます。
しかも、焼いてから煮込まれているから全然臭みもない。
味は、ずばり例えるなら『さば缶』です。でも、久々に食べるとおいしいかも。

ダンナは、鯖街道(鯖寿司つき)

211229鯖街道

旦那のほうについてた鯖寿司を一切れもらったのですが、酢がしっかり利いていて、焼かれた鯖が香ばしい!

鯖街道の名残を残す、昔の保存食というか旅の途中の食事な感じがすごくしました。
(でも、実際は、嫁いだ娘さんに鯖そうめんを嫁ぎ先に持っていくという風習が元々みたいですが・・・)

食後は、黒壁スクエアをてれてれ歩いて、目指すは、

「海洋堂フィギュアミュージアム」

あの、フィギュアで有名な海洋堂さんって元々関西の会社なんですね。

211229海洋堂フィギュアミュージアム1

入り口では、ケンシロウさんがお出迎え(笑)
秘孔は突かないで…。

フィギュアとか普段全然興味ないのですが、なんとなく。
行き先変更してまで、見に行ったのですが、・・・マニアック!!

ただ、昔はやったチョコエッグとかが前種類そろえられていて、
チョコエッグの動物を使ってジオラマが色々作られているのがすごかった。

あとは、道を究めるってすごいなぁと・・・。

フィギュア達を見終わった後は、再び周辺を散策。

そこで思わず、気になるお店を発見。
京都の祇園にもお店があるんですが、「豆吉本舗」

main.jpg
(画像はHPから)

豆ラー、思わずダッシュ。
試食ができちゃいますよ?。
お楽しみ袋も気になるけど、3袋絞りに絞ってお買い上げ。

豆ラーの後は、お茶を・・・。

デパ地下でおなじみの、叶匠寿庵のカフェへ。
ぜんざいやらあんみつやら甘味に心惹かれつつもぐっと我慢して、カフェオレ。

211229叶匠寿庵2

ダンナは、シブく抹茶と生菓子。そば粉のおまんじゅうだそうな。

211229叶匠寿庵3


ほっこりあったまり、そのまま帰宅。
冬って日が暮れるのが早い。
4時過ぎに出発したのに6時過ぎに到着した頃には真っ暗。
冬の夜は早いなぁと今更ながら実感。
次のお出かけは今週末の実家へ帰省。楽しみです♪
スポンサーサイト

北海道旅行’09?(9/12)

北海道もいよいよ4日目。知床滞在2日目は、自然を満喫しようということで、
ガイドさんに知床5湖を案内してもらうツアーに参加しました。

利用させていただいたのはこちら

私たちの他に1家族が参加されてました。

ホテルから車に揺られる途中にも、彼らがたくさん。

119.jpg

知床五湖入り口に到着。簡単に説明を受けてからツアーのスタート。
やっぱり熊についての注意があり、少し前までは五湖すべてを回ることができなかったそう。

第一湖
150.jpg

第二湖

161.jpg

第三湖

169.jpg

第四湖

178.jpg

第五湖

184.jpg

単独で回ることも全く可能だけど、ガイドさんが一緒にいて、
色々詳細を説明してもらえるので、多分個人だと普通に通り過ぎたり、
目にも留めないものを説明していただけて、参加した甲斐があったと思います。

ちなみにこちらは、熊が木登りしてつけた傷だそう。

177.jpg

登っていたものの何かがあって急に木から滑り降りたものだそうです。

そして、ガイドの方が水面マニアで、やたら水面に映る木々の風景を撮影されてたので、
私も影響されて…。

182.jpg
171.jpg
162.jpg

あと、小ネタですが、三湖のプレートが、実は近づいてみると、

173.jpg


五をリサイクル?(笑)なぜに?

熊には幸いにも(?)遭遇することはありませんでしたが、ガイドさんがいい方だったのですごく楽しむことができました!ありがとうございます。

ツアー終了後、ガイドさんおススメのお店に。

熊のや

186.jpg

海鮮ラーメン白湯がおいしい!海の幸のだしがたっぷりの白湯がとっても美味?。

昼食後は、前にある道の駅をちょっと観察してから、オーロラ号に乗船。

クルーズの方が短い時間ですばやく知床を観光できるのですが、
ダンナが船酔いするので、あえなく断念。

オーロラ号は、砕氷船なので、普通の船とは形は違うのですが、夏場は普通に観光船として使われ
てます。

189.jpg
192.jpg
196.jpg
201.jpg

手付かずの自然がいっぱいの知床、今のまま大自然が維持できるよう私たちがきちんと守っていかないといけないとつくづく思いました。

その後は、少し宿に行くまでは時間があったので、見忘れていた、オシンコシンの滝へ。
滝のマイナスイオンで癒され?。

211.jpg

その後、本日の宿、ホテル北こぶしへ。
最後の夜は奮発させていただきました?♪
部屋つき露天のお部屋をお願いしたら、2人で泊まるには超贅沢…。まさに分不相応…。

241.jpg

そして、料理もすごく贅沢?。
料理は、追記にアップします。

→続きを読む

北海道旅行’09?(9/11)


本日は大移動日。
朝、ホテルを出発し、一路摩周湖方面へ。
途中運転を変わって、ウン年ぶりかの長距離運転(って言うか免許とって十数年・・・。
ここまで長時間運転したこと無いぞ)
ほとんど街中がなかったのでまっすぐ運転するだけばっかりだったので楽だったのですが、
大阪で運転しろって話になると・・・厳しいかも。まっすぐな道限定ということで・・・。
何とか無事摩周湖に到着!

103.jpg

霧の摩周湖というものの一度も霧に出会ったことなく、過去に行った時も見事にきれいな
摩周ブルーを見せてもらいました。
ただ、当時一緒に仕事をしていた方に、「摩周湖の湖面が見えたら婚期を逃す」ということを
聞いていたので、前回行った時はめちゃめちゃきれいに湖面が見えていてどん底になったのを
思い出します(笑)

よかったのか悪かったのかはさておき、無事結婚はできましたよ、先生。(私信)

ただ、そばにいてた人の話だと、私が行った季節(前回10月)は霧が出ない季節だそうなことを
話されてたので、そういう季節なのかもしれません。

摩周湖のあとは、お昼ご飯。

事前に調べておいたスープカレーのお店のつじや食堂へ。
お店の雰囲気がすごくアメリカン、座敷が混在してるんだけど、不思議と落ち着く空間。
流れている音楽がいいのかな?

スープカレーは、3種類から選べます。
チキン、野菜、南インド風。各1,200円
せっかくなので南インド風に。

写真がダメだったので、写真はないんですが、見た目は、札幌スープカレーで
かなりしゃばしゃば。

まず、ご飯にレモンを絞ってからいただきました。

鶏がら、丸鶏、野菜と魚からじっくりさっぱりスープをとり、約20種類のオリジナルブレンドスパイス
で作られているカレーは、お魚のだしが強く感じられて結構独特の味わいでちょっとはまっちゃいました?♪
お子様用のスープカレーもあるのでお子様連れでも安心だと思いますよ?。

ちなみに厨房は「スパイス調合所」でした(笑)

お店の方と色々お話させていただいたんですが、
スタッフもいい感じの方たちばっかりだったので再訪希望のお店です!

その後再びドライブで知床方面へ。

羅臼経由でまず、ひかりごけ生息地へ。

116.jpg

どうも落石があったらしく一部立ち入り禁止になっていて物々しい雰囲気。
そして、ひかりごけは、よくわからなかった・・・。

ここらしいんですが・・・。ひかり??こけ??

114.jpg

そして、ようやく3日目にわかった事実。
知床に近づくたびに彼らを頻繁に見かけるように・・・。

109.jpg
123.jpg
135.jpg

エゾシカです・・・。
最初は、わー!!鹿だ鹿?♪って感じだったのですがだんだん、また出た、まだいる・・・。といった感じに、
当たり前の光景になってました。(ただ、奈良公園まではいきませんが・・・)
特に知床峠では、フツーに目の前を悠然と横切り、えさを食べてる彼ら・・・。
でも、角が立派にはえてるので結構危険かも・・・。

124.jpg

背後にある羅臼岳もダイナミックです。男らしいイメージの山。
ここからは国後島もみえました!
126.jpg

その後、
136.jpg

知床峠を越え、キタキツネと遭遇し、大興奮!
(でも、エキノコックスを持ってるので触っちゃダメですよ!)

夕方にはウトロに到着。

本日のお宿は、知床プリンスホテル花みず季。
夕ご飯は、知床三昧バイキング。
バイキングは食べ過ぎるので危険・・・。

だんなはカニにはまったようでカニばっかり食べてました・・・。
私は、自分でも勝手丼を作ってみました!

144.jpg

前日のと比べるとどうでしょうか??
そしてネットで調べていて気になっていた網走ビール。
3色お試しできたので頼んでみました。

138.jpg



140.jpg



141.jpg



147.jpg

うーん、すみません・・・いまいちでした。

強いて言えば赤かなぁ。

飲みすぎ食べすぎで翌朝が早いのでとっととおやすみなさい・・・。

北海道旅行’09?(9/10)

2日目突入です♪

朝食は、昨日の食べすぎも屁のかっぱでフツーに食べる・・・。

ダンナはちなみにダメダメでした。
そして、本日の予定は十勝から釧路へ移動。

2時間程度のドライブの後、釧路市内に到着。
まずは腹ごなしに、和商市場へ行って、勝手丼を。
さすがに、車に乗りっぱなしで運動してないので、ご飯は一番小さいサイズで。
(デモチイサイノハゴハンダケ・・・)


056.jpg

実家に鮭を送ったので鮭を買ったお店で、いくらと時鮭をちょっとおまけしてもらって、
そのあとバフンウニ、毛がに(味噌つき)、たこの吸盤(まるでフジツボ。この2つで完全に見た目がいまいちになっちゃった。あと醤油が・・・。)
合計千円ちょっと。ご飯が100円の一番小さいサイズの割りに値段が高くついたような・・・。

ちなみにダンナは、こちら。

058.jpg

前の左右は解凍じゃないえんがわ(右)と解凍のえんがわ(左)
どんだけえんがわ好きなんだ・・・(笑)

食後は、少し時間があったので、まずは釧路湿原を上から眺めようということで、展望台へ。
40分ほどしか時間が無かったので、行ける所まで少し歩いて、
時間を見て戻ってこようということで歩いたら、途中藪の中を「ガサガサッ!!」と物音がしたので
「ま、まさか、く、熊!?」って思ったら、シマリスで、ホッ。
シマリスはかわいかった?。

064.jpg

でも、実際すれ違う人は、熊よけの鈴をつけてた方が結構いたので、
自分たちの軽装さには今更ですが反省。
途中引き返すはずが、展望台が意外に遠く、結局中途半端になって1周する羽目に。
でも、途中で時間がやばくなって、猛ダッシュで散策どころじゃなくなり、
何だこのテンションの妙に高い人たちは状態に・・・。

その後釧路市内にもどり、ぎりぎりセーフでノロッコ号に乗車。

071.jpg
074.jpg
083.jpg

ノロッコ号は普通のJR釧網線の路線を通っているんですが、観光スポットではスピードを緩めて、
車窓からの景色を楽しむことができるんです。
なんだかガイドさんの説明ものんびりしていて、ゆったりした気分に。

092.jpg
094.jpg

夕日の中の釧路湿原は、少しノスタルジックな気分にさせてくれます。
なんだかふと昔を思い出したり・・・。

そうしているうちに列車は、釧路駅に到着。
列車を降りたら、もう夕暮れだったのでホテルへ。

今回は、釧路市内には、温泉が無いので、ホテルで宿泊。
夕食がないので、釧路といえば、釧路発祥の炉ばた焼き。
行きたいお店が他にあったのですが、予約できなかったので、予約のできるこちらのお店へ。

炉ばた煉瓦

昨日からの食べすぎがたたり、今回頼んだのは釧路名物ザンギ、野菜盛り合わせ、秋刀魚、時鮭。

097.jpg
098.jpg
099.jpg
100.jpg

写真がかなりブログにアップするのには気が引けるくらいテキトーですみません・・・。

自分で焼くので火加減が難しい?。秋刀魚の脂ののりがすごくて、ファイア?!!状態に。
ちょっとこげたりしちゃった。

でも、北海道の味を堪能できました。
そして、そのままホテルに戻っておやすみなさい?。

北海道旅行’09?(9/9)

9月9日?13日の4泊5日(最終日は朝9時半フライトだったので実質3泊4日)で北海道に行ってきました。
思い出し思い出しですが旅の思い出を。
初日は、朝8時半のフライト。とかち帯広空港なので、伊丹からの直行便はないので、
伊丹発→羽田経由で北海道入り。

お昼過ぎに、とかち帯広空港着。

レンタカーを借りて、一路、帯広市内へ。

北海道のお天気は晴れていて暑いくらいのお天気。予想とは違っていたのでびっくり。
長袖だと暑い!

まず、帯広市内に入って、行こうと思っていた十勝ベーグルへ。

024.jpg

割とお店は空いていて買い物しやすかった。
先の予定も考えて3つだけを選びに選んで購入。
隣の高橋まんじゅう屋が気になってたけどあいにく水曜は定休日・・・無念

そのあとは、少し遅めのお昼ご飯。
十勝といえば、豚丼ということで、豚丼発祥のお店ぱんちょうへ。

028.jpg

お昼も遅かったので、一番お肉の量が少ない「松」を。

026.jpg

お肉の量が増えるにしたがって、松→竹→梅→華となっていくようです。
松だとお肉は、4枚でした?。
炭火で焼かれた厚切りの豚肉は香ばしくて甘辛くておいしかった?。

食後も、まだまだ食べますよ?。

そのあと、クランベリーのスイートポテト、柳月も気になるけど、
今後の予定を考えたべものは控えめにということで今回は泣く泣く素通り。

そして、六花亭本店へ。

お菓子のばら売りがあるので、ちょこちょこ自分用にお買いもの。
そして、お店でしか味わえないものをということで、クレームブリュレと雪こんチーズ。

030.jpg

クレームブリュレはクリーミーでとろっとろ。

033.jpg

ゆきこんチーズは、普通だとブラックココアクッキーの間にホワイトチョコがサンドされてるんですが、
こちらは、チーズケーキがサンドされてます。注文するとちょこっと待ちますが作り立てを出してくれます。

031.jpg
035.jpg

チーズケーキが甘酸っぱくって濃厚でおいしい?。
雪やこんこのブラックココアクッキーはサクサクでチーズケーキとの相性もばっちり。
賞味期限が2時間なので、お店限定なので、いったら食べてみてほしい一品です。
今回はシングルにしたんだけど、ダブルでも十分食べられたかも。

そのあとは、少し時間に余裕があったので、牧場をみたり車でプラプラして、本日のお宿へ。
今回の十勝川温泉のお宿は、観月苑。
ありがたいことに部屋に空きがあったので部屋つき露天のある部屋に通してもらえました。
ラッキー。

037.jpg

川辺の部屋で露天が気持ちよさそう・・・。(でも、見えそう?)
ついたのが19時前だったので、早速夕ご飯。
お料理は、十勝の食材をたっぷり使ったお料理・・・しかも大量でダンナと目を白黒させながら
食べました。(でもとりあえず食べる)

お料理は、追記をご覧ください?。

十勝の食料自給率は200%。
日本全体の食料自給率を考えると北の大地にありながらとても恵まれた環境にあるのだなぁと思います。
そして、満足満腹で初日はおやすみなさい?。

観月苑の夕食はこちら。

→続きを読む

プロフィール

awa tama

Author:awa tama
仕事が多忙につき頻繁にブログをアップするのが
厳しくなってきたので、
可能な時のみのアップになります。

そして、コメントについては、
なかなかお返しすることが難しいので、
誠実な対応ができず申し訳あ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
クヒオ大佐
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。