スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週は出張につき。

レスが大変遅くなっていて申し訳ありません。
先週は、水曜日から今日まで神戸を中心に関西に出張&ちょこっとプラプラしてきました!

関西から元気をいっぱいもらってきました!
これでしばらくは乗り切れそう。

ちょっと仕事がピンチなのでアップは来週以降となります。
コメントのお返事も来週必ずお返しします!!

20071021225813.jpg


Le dimanche j'ai manger un croque-monsieur et un café au petit déjeuner à Le Dimanche.
(文法的にあってるかどうかはちょっと自信なし。
半年フラ語を習っても所詮こんなもの…(汗)
しかも今週は自主休講してしまいました。)

ル・ディマンシェで食べたブランチ。
カフェスペースも新しくできて、ちょっと素敵な感じ。
ただ、買ったパンを温めてもらうことはできなかったので
クロックムッシュのおいしさが少し減で悲しかった…。

パンのアップがなかなか追いつかないけど、
パンの紹介は後ほどさせてくださいね。
スポンサーサイト

栗の季節の和菓子@紀の善

食欲の秋到来ですね☆
どんどん食欲アップしちゃってます?。

そして、昨日からフランス語がまた再開しました。
一つレベルがアップして、今回の先生は、フランスの渋オヤジみたいな
先生。渋いゼ・・・。
うーん、2週間サボってると何言ってるかわっかりません・・・(汗)

いつもはレッスンの後ランチを食べて帰ってたんだけど、
今シーズンはなかなか難しそう・・・。

なので、帰りに、紀の善によってあんみつを買って帰ろうと
お店に入ったらメニューも秋冬物へ変化してました。

粟ぜんざいとかもあって超おいしそうだったんだけど、
そちらはもう少し寒くなってからでも美味しくいただけるかと思い、
今日はこちらの2品。

20071014002202.jpg


左から栗のババロア

20071014002231.jpg

ババロアだけだとこんな感じ。
20071014002305.jpg

ババロアの上に、漉しあんと栗をのせていただきます。

生クリームたっぷりの濃厚なババロア。
栗の粒々感もたっぷり残ってて、栗好きには嬉しい味わい。
栗の甘味が中心で、甘味がそれほどつけられていないので、
漉し餡と一緒にいただいてちょうどいいくらいの甘さになります。

そして、栗あんみつ

杏のあんみつにしようと思ったけど、栗ものを発見しちゃったので
こちらをチョイス。

20071014002551.jpg

備え付けの黒蜜をつけていただきます。
20071014002605.jpg

寒天のプリプリさと、豆の渋甘味にこしあんの甘さが
加わるけど、さっぱり全然甘ったるくなく美味しく最後までいただけちゃいます。

秋って本当に食べたいものが多いなぁ?。

誕生日前のディナー

実は誕生日が6日違いな私たち夫婦。

3連休の間に少しお互いに早いんだけど、
誕生日ディナーと言うことで、久々のお食事に行ってきました。
お店は表参道にあるレストラン ランス YANAGIDATEに行ってきました。

よく見ると前に行ったことがある吉慶(既に閉店してますが)と
同じ系列のお店(←前に行ったレポ)。

同じく少し奥まったお店で、
内装は、青を基本にしたお店で既に19時ごろにはお店はお客でいっぱい。

今日頼んだお料理は、7000円のコース。
前菜、メイン、デザート&エスプレッソのコース。

ここでは、事前に調べていったメニューで色々食べたいものが
あったから既にメニューは決まっての注文。

まずは、
食前に二人でキールで乾杯。
お誕生日おめでと?♪

まずは前菜の前に、出てきたのは、
20071013234352.jpg

トコブシを使ったお料理。ソテーされたとこぶしの下には
リゾットが・・・。チーズたっぷりで少量だけどガツンと食べ応えアリです。

パンも登場。
20071014000414.jpg


各テーブルには贅沢にもエシレバター(無塩)のが一つづつ
サーブされていて、ダンナ、エシレの上手さに感激。
(うーん、一応食べさせたことはあるのにね・・・)

そして前菜は、
《私》
Oeuf,homard,st-jacque fume en gelee
(温泉卵とオマール海老、ホタテ貝、ウニ、キャビアのコンソメゼリー)
20071013234536.jpg

こちらは、シェフのスペシャリテ。
さっぱりした冷製の味わいのコンソメのゼリーの中には濃厚なうにや帆立
オマール海老・・・ぜ、贅沢すぎる。
その上にはこれでもかとキャビアと温泉卵。
あわせていただだくとえもいえぬ美味しさ。
うーんしょっぱなからガツン!

《ダンナ》
穴子と鴨のフォアグラと茄子のミルフィーユ
20071013234817.jpg

こちらもシェフのスペシャリテ。
途中でダンナと交換してもらったんだけど、
カリカリに揚げられた穴子とポワレされた鴨のフォアグラ、
ナスをミルフィーユのように重ね、
軽いカレー風味のソースで仕上げた温かい前菜。(HPより)
穴子好きとしてはたまらない一品。でも結構フォアグラの効果でかなり
濃厚な一皿。
前菜じゃなくってメインでも十分なメニューかも。

そして、メインは、
《私》
こちらもシェフのスペシャリテ。
Supreme de canard poele sauce figues
avec foie gras saute
仔鴨のフィレ肉のロースト フォアグラ添え
いちじくのソース
 
20071013235019.jpg

鴨肉好きとしては事前から絶対食べようと思ってた一皿。
ジューシーにソテーされた鴨肉と口に入れると溶ける
濃厚な味わいのフォアグラが重ねられ、
いちじくソースで仕上られてます。
いちじくソースの甘味が鴨肉とフォアグラの旨みを引き立ててくれる
メニューでした。
でも、かなり濃厚・・・。

《ダンナ》
Queue de boeuf au vin rouge avec puree de pommes
和牛テールの赤ワイン煮込み じゃが芋のピュレ添え

20071014000040.jpg

こちらも一口いただいたけど、牛テールって結構油っぽいのね・・・。

そして、デザートと行くところだけど、
オーダーした赤ワインがまだまだたっぷり残ってるし、
見せていただいたチーズがおいしそうだったので、
デザートの前にチーズをお願いしてみました。

20071014000247.jpg


上が、ゴーダチーズとエポワス。
ウォッシュとハード系のチーズが好きな私にとっては、
絶対頼んじゃう組み合わせ。

そしてデザートは、
《私》
Grand assiette de caramel
(tatin,creme caramel, glace au caramel, creme brulee)
キャラメルづくしのひと皿
(タルトタタン、クレームキャラメル、
キャラメルのアイスクリーム、クレームブリュレ)

20071014000722.jpg

たっぷりなデザート。
タルトタタンのキャラメリゼされた林檎が超おいしかったです☆
キャラメル尽くしだけど、色々それぞれキャラメルの味わいが違って
全然飽きることなくいただけちゃいました。

《ダンナ》
Mille-feuille a la glace au caramelet vanille avec soupe de fruits
アイスクリームとサクサクパイのミルフィーユ仕立て
フルーツのスープ添え


20071014000944.jpg

さすがに満腹で一口はできなかったんだけど、
HPを引用すると、
バニラとキャラメルのアイスクリームの間に
サクサクのパイを挟んでミルフィーユ仕立てにしたデザートです。
赤ワインを使ったフルーツのスープが添えられてるそう。

そして最後はエスプレッソに小菓子。
20071014001126.jpg


フルコースじゃなかったけどかなりボリュームたっぷりでした。
珍しく2人の会話も弾んで、行って良かったなぁと思いました。
また行こうね。

角食キューブ型でパン作り@自作

先週の3連休中にnokkoさんのブログで作られていた
キューブ型のパンを見て、思わず一目ぼれでポチッちゃった
キューブ型。購入先は、nokkoさんと同じくこちら

20071012230943.jpg


センス全く感じられない積み上げ方ですが、
4個お買い上げしてみました。

ところで実は私、結構型マニア・・・。
いろんな型を買っても、未だ未使用のもの多数・・・あは。
有言実行と3連休の最終日にこねこねして作ってみました?。

ドライイースト使用。

こんな感じに焼き上がりました。
焼きは200℃で25分。
もう少し焼色をつけてもよかったかな?

20071012231138.jpg
20071012231431.jpg
20071012231443.jpg


量は、一つの生地につき105gを目途に入れたら結構きれいにキューブ型。
でも、ちょっと角がかくかくしてるような・・・!?
すっごく鋭角な角食。
焼き上がりはまるで凶器のような鋭さでした・・・(汗)

残りの3つは、量を少し(かなり?)増やして130gで作ったら、
思いっきり生地が型からはみ出してました。

20071012231823.jpg


でっかい耳タブのような耳ができちゃった。
でも、それが意外とカリカリしてておいしかった?。

20071012231952.jpg


結構やわらかく出来上がりました。
そのまま食べるとふわふわ。
焼くとカリカリ、中もっちり。
トーストは厚切り派なので結構好みの食感。

ダンナのリクエストでプレーンを作ったけど、
結局一つも食べてくれてません(怒)
なので次回は巻き込み、練りこみにチャレンジしてみようと思います。

でも、普通にプレーンな角食ももっともっと
研究しないとな?。

天然酵母にも興味津々なこの頃・・・。
でも、不規則な生活だから酵母ちゃんの面倒を見切れないから
踏み切れない・・・。

一番扱いやすい酵母ってホシノですかね??

【ある意味備忘録】@ラ・クレモンティーヌ

来週からまた土曜日の午前中フランス語が始まるから
まめにアップできるのは、今週位・・・。

なので、アップできなかった分を色々アップしたいと思います。
(と言うか、整理&アップできてないものが多すぎて途方に暮れ中。
どれもこれもそれぞれ思い入れがあるから没にすることもできないし・・・)

まずは、2ヶ月くらい前になるけど、
元職場の上司と一緒にお食事をしてきました。

行ってきたのは1月にダンナの弟夫婦と一緒に行ってきた
祐天寺のラ・クレモンティーヌ

全回はランチだったので、今度はディナーでのご利用。
Bコース(5,800円ナリ)をいただいてきました。
大分記憶が曖昧なのと画像が多いので駆け足にてご紹介?。

まずは先付のフォワグラとマッシュルームのスープ。
20071006230914.jpg

マッシュルームが濃厚。
カップの底には、フォアグラのムースが入ってました。

そして前菜。真アジと夏野菜のプロヴァンス風テリーヌ タップナード添え
20071006231257.jpg

テリーヌのモザイクが美しい?。
コンソメ風味のジュレとたくさんの夏野菜、真アジが三位一体で
絶妙でした。

元上司の方が食べられていたのは、とうもろこしのムース
20071006231737.jpg


2品目は、スズキのポワレ?(正式名称忘れちゃいました)

20071006231854.jpg


箸休めの菩提樹のシャーベット

20071006231957.jpg

かなりさっぱりしていて、次に来るメインの前の心準備。

メインは、鴨肉とソーセージのコンフィ
20071006232147.jpg

低温でじっくり煮込まれたコンフィが美味かった。
表面のパン粉のカリカリさもアクセント。

元上司がオーダーされたのは、和牛ホホ肉の赤ワイン煮 赤じゃがいも添え

20071006232410.jpg


デザートは、桃とタピオカ入りブラマンジェ ヴェルヴェンヌのアイス添え
20071006232544.jpg

桃が美味しい?。
ヴェルヴェンヌ(ハーブの一種)のアイスはかなりさっぱりしていて
桃とケンカせず美味美味。

元上司はこちら、スイカのジュレ ココナッツのブラマンジェ
20071006232631.jpg


そしてシメは、小菓子とエスプレッソ。
20071006232822.jpg


本当に美味しいお食事とともに、尽きることのないお話で
とっても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
職場は違いますがまたこうやってご一緒できる時間が
取れれば嬉しいです。
プロフィール

awa tama

Author:awa tama
仕事が多忙につき頻繁にブログをアップするのが
厳しくなってきたので、
可能な時のみのアップになります。

そして、コメントについては、
なかなかお返しすることが難しいので、
誠実な対応ができず申し訳あ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
クヒオ大佐
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。