スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン追想@Le Sucre Coeul

たっぷりたまったシュクレパンの記録?。
美味しい思い出と一緒に思い出しながらアップしたいと思います?。

先ずは、今年のシュクレ初めにいただいたのは、

ガレット・デ・ロワ

210109シュクレガレットデロワ1
210109シュクレガレットデロワ2

ざくざくのフィユタージュがすごくおいしい。
噛むたびにザクッ、ハラッとなって、バターたっぷりの生地がジュワーッと口の中でとろけていって
激うま。
生地だけではなく中にはたっぷりのアーモンドクリーム。
香ばしくてあっという間に食べちゃいました。
実は初めてガレット・デ・ロワ食べたのですが、年に一度の楽しみの一つになりそうです。

お次は亭パンのパンたちをご紹介?。

パンドミ

211208シュクレパンドミ2

シュクレに行った時にちょうど焼きたてが出てきてたので、 レジで急遽追加してもらいました?。
焼きたてはすごく柔らかでしばらくおいてからカットしようと思ってたら、
帰宅直後に「おなかすいた?。」と言い出したダンナ。
どうしても食べたいというので、食べさせようと思ってカットしようとしたんですが、
とってもふわふわでカットできず、半分のところで カットするのが精一杯。
半分にしたものを無理やりカットしたら・・・号泣・・・。 えもいえない悲惨な状況に・・・。
それでもしっかりいただきましたけど、やっぱりちゃんと余熱が冷めてからカットしないといけないですね。
教訓とします。
残りについては、バタートーストや、ピーナツバターや、ポテトサラダでサンドイッチをつくったり たっぷり楽しみました。

ジャガバタ・エメンタール・アンショワ

211215シュクレジャガバタ2
211215シュクレジャガバタ4

お酒のアテにしたいなぁと思いながらも朝食でいただきました!
アンチョビの塩気がじゃがいも&バターとマッチしていて、結構大きいけど
朝っぱらからあっという間に食べてしまいました。

パン・オ・ゾリーブ・ア・ラ・ディジョネーズ

211215シュクレディジョネーズ1
211215シュクレディジョネーズ3

今回3,4年ぶりくらいに購入。
前は、マスタードもオリーブもあまりすきじゃない食材だったので、苦手だなぁと思ったのですが、数年たってちょっとビビりながらいただきましたが、
すごくおいしくてビックリ。
黒、緑の2種類のオリーブとディジョンマスタードの組み合わせがきりっと冷えた白ワインと
いい感じ。
ワインは今回はブルゴーニュで。結構酸味がしっかりしたきりっとしたワインでした。
料理はきっと白身魚のクリームソースとかとあわせて食べたいなぁ・・・と思っただけ(作ってないです(笑))
かなり味覚が数年で変わったような気がします。
酒飲み仕様か!?って思ったり。
アルコールはほどほどにねというのを最近の教訓にしてます(笑)

ソーシス

210109シュクレソシソン2
210109シュクレソシソン4


ずっと気になっていたソーシス。
ソテーされたソーセージがトマトソースと共にバゲットにはさまれていて、その上をチーズがとろんと。
炙られているからチーズはとろっとろ。
家で焼き戻して食べると、手とか口周りがべとべとになっちゃうけど、
そんなの気にしないって感じでかぶりつくのが、んまい!
結構ガッツリ系なサンドイッチです!

おまけ、ダンナ大好物のブリー。

210109シュクレブリー1

かなりお気に入りらしくずっとこればっかりですが、
これをきっかけにハード系のパンに慣れてくれればと思います。

後は季節のパンと限定パンを。

エグゾティック

211217シュクレエグゾティック2
211217シュクレエグゾティック4

シュクレの夏の変態パン。アップし忘れてたので、せっかくなのでアップしちゃいます。
夏のパンらしくパインとレモンの組み合わせ。+のアクセントに、カシューナッツとピスタチオ。
甘酸っぱいこれらのフルーツを引き締めるのが、生地に練りこまれたオールスパイス。
名前のとおりエキゾチックな感じがかもしだされてます?。

バトン・ベル・エポック

2100104シュクレベルエポックバトン2
2100104シュクレベルエポックバトン4

今は、ラミジャン生地のものが販売されていますが、こちらは今はお休み中のベルエポックの生地で作られてます。
細く棒状の形なので、むぎゅぎゅとした食感が食べ応えがあって好き。
そして、中にはたっぷりナッツが練りこまれているからカリッコリッとした食感もまたいいんです。
生地の方はハチミツが練りこまれていてほんのり甘くてとってもおいしかった?。
ちょっと意外にこのタイプのパンはまりそうです☆

パン・ア・ラ・シャテーニュ

220120シュクレパンアラシャテーニュ2
220120シュクレパンアラシャテーニュ5

HPでは、「栗を丸ごと練りこんだあたためると栗ごはんのようなパン。」と書いてあったのに
惹かれて購入。
焼き戻すと、生地が結構軽めで表面がカリカリッとしていて、中はふわっとシンプル塩味軽めの生地がおいしい!
そして、栗がごろんごろんと練りこまれていてまさにパンの栗ごはんや??って
感じでした。
パンもごはんも食べる日本人でよかったなんて思ってしまいました。(意味不明かも)

カフェノワール

220127シュクレカフェノワール2
220127シュクレカフェノワール3


毎年楽しみな秋冬パン。
かなりキャフェキャフェとHPで書かれているとおり、コーヒーのエキスがぎゅーーーーーーーっと濃厚で
ほろにがさがググッと来るパン。
でも、練りこまれたホワイトチョコで、甘みが加わっているので、カフェオレのようなパン。
加えてくるみとピカンナッツのアクセントも絶妙で、大好きです!

最後は、本当に記念の一品。

pour h かぼちゃ生地のリュスにアプリコットと栗
(と勝手に命名しちゃいましたが…)

2112210シュクレforh2
2112210シュクレforh4


アッシュの5周年の時に岩永シェフご自身が、お店で配ってらっしゃったパン。
お店で食べ切れなかったので、持って帰っていただきました。
今はお店で形を買えて「ロートンヌ」として販売されてましたが、この時はリュスデザミと同じ、大きく焼かれたのが切り分けられたバージョンだったから、クラストの香ばしさも前面に出ていて、素朴な感じが加わりまた違った味わい。
生地自体は南瓜のピュレでほんのりした甘みのあり、そこに甘酸っぱいアプリコット練りこみで
とっても爽やかで美味しかったです。

ああ、アップしているとシュクレのパン禁断症状が出てきそうです?。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

パンドミ、すごく食べてみたいんです。
やっぱりおいしそう!
確かに焼き立てってカットできないですよね。
ジャガバタも熱々を食べたいなぁ。
早くお店、落ち着くといいですよね。

No title

たもりんさん♪
パンドミ、あんまり山食って食べないけど、
シュクレのは本当に別物大好きです!
焼きたてはカットできないけど、そのまま
かぶりつきたくなるほどふかふかですよ~。
私も、ジャガバタ熱々食べてみたいです!
本当に早くお店がもう少し落ち着いたらいいなぁと思います。
なんだか見ていて胸が痛くなる時がときどきあるんで…(汗)

No title

awa_tamaさん
ガレット・デ・ロワ 美味しそうです

いろんなパン達 嬉しくなります
どれも美味しそう

コメント有り難うございます

Re: No title

ryuji_s1さん
ガレット・デ・ロワ、お正月のこの時期よく見かけてて、
食べたいなぁと思っていたのですがなかなか小さいサイズが
なかったので初めて食べたのですが美味しかったです。
プロフィール

awa tama

Author:awa tama
仕事が多忙につき頻繁にブログをアップするのが
厳しくなってきたので、
可能な時のみのアップになります。

そして、コメントについては、
なかなかお返しすることが難しいので、
誠実な対応ができず申し訳あ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
クヒオ大佐
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。