スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目の結婚記念日に…@Hajime

3度目の結婚記念日は、ずっと行ってみたかったHajimeさんに
行ってきました。
予約の時点からとても丁寧な対応でかなり好印象だったので当日を楽しみにしてました。

忙しくなったりで書いてる途中で放置してしまっていたので
4月末の話なのでメニューは現在変わっているかと思いますが当時のレポを思い出せる限り&
いただいたメッセージの紙を元に…。

お店は、黒をベースとした落ち着いた雰囲気のお店で、
お客さんはその日は、カップルより女性同士の組み合わせが多かったです。

メニューは完全お任せで7,875円。
でも、きちんと予約の時点で食べられないもの等は聞いていただけます。
そして、当日もメニュー構成説明の後、再確認していただけるくらい丁寧な対応。

まず、予めメニューの書いた紙が渡されます。
シェフの理念が書かれています。

まずは、début

2009_0517Pain0112.jpg

さくっとはらっとしたシガレットには、1週間熟成のヒラメのカルパッチョとくるみとトマト。
デリケートなシガレットをそっといただきます。ひらめのうまみが甘いシガレットとマッチしていると思いました。

Oeuf

2009_0517Pain0114.jpg


フランス産の桃のコンフィのピューレ、エピス風味のクリーム、アーモンド。
卵がこれほど濃厚で複雑な料理になるんだということに驚きの一品。

2009_0517Pain0117.jpg

シュクレのバゲットです。

それにお料理に加えて、華を添えるのは、

2009_0517Pain0115.jpg
2009_0517Pain0116.jpg

北海道産の無塩バター、エシレの有塩バター、ゲランドの塩。そしてギリシア産のオリーブオイル。
どれをつけてもやっぱりおいしい…。
そして、焼き戻し加減も絶妙・・・。

Saint-Jacques

2009_0517Pain0118.jpg

北海道産のホタテの甘味にタブレの組み合わせ。そこにサフランとオクサリス。
サフランの香り、苦味が帆立の甘みに合う気がしました。

minéral

2009_0517Pain0120.jpg

シェフのスペシャリテ。65種類の野菜。
一皿で野菜のミネラル、大地のミネラル、地球のミネラルを感じさせる。自然の流れすら感じさせる一皿。
夜になると100種類になるって聞いて、驚きと共に、シェフの根気強さに思わず感動すら覚えてしまいました。
ただ、どれが何かわからないものが多数あったのが残念。もっとお野菜の勉強しなくちゃっていう気になりました。

foie gras au naturel

2009_0517Pain0122.jpg
2009_0517Pain0124.jpg

シンプルに塩味のみの味付けだけど、低温調理のおかげでしっとり、
薫り高くとってもおいしかった。
シェフのメッセージ通り先ずフォアグラのみをいただくと濃厚なうまみと甘味…。
そして、付け合わせのヴィネグレットやキノア、ディルとあわせると、
また違ったフォアグラのうまみが引き出されているような気がしました。
たまらなく美味しい…。

agneau

2009_0517Pain0125.jpg

メインがアニョーって聞いて、??だと思ってたんですが仔羊だったんですね。
ゆっくり火を通されていて、旨みや甘味が最大限に引き出されているそうです。
まさにその通りのお料理でした。
まず、お肉にかけられたゲランドの塩がお肉のうまみを引き出すとともに、付け合わせの干しぶどうのチャッツネの甘酸っぱさ、クミン風味のヨーグルト、そしてパリッと調理された茄子も素晴らしかったです。
羊って実は苦手なんですが、全然気にならない!って言うかむしろおいしい!!こんなにおいしい仔羊に出会えなかったのが悔しいくらい。
それをシェフにお伝えしたら、「そういう方に食べていただきたい料理なんです。」とおっしゃってました。

シュクレのパン2つ目はライ麦のパンかな。
仔羊とすごく相性が合うパンでした。

2009_0517Pain0127.jpg


そして、デザートへ。

brioche

2009_0517Pain0128.jpg

ブリオッシュのアイス。ブリオッシュがアイスになるなんて、そのアイデアに驚き。
目を閉じてアイスを食べるとブリオッシュが浮かんでくる…。
こちらのブリオッシュもシュクレのブリオッシュが使われているそうです。

ここでサプライズ。

2009_0517Pain0131.jpg
2009_0517Pain0132.jpg

あめ細工のキャンドルが出てきて結婚記念日のお祝いをしていただきました。
そしてブーケと写真を撮っていただきました!
帰る前に写真は米田シェフのメッセージを添えていただきました。
本当にありがとうございます。

fraise

2009_0517Pain0133.jpg
2009_0517Pain0135.jpg

これも素晴らしかった。
さくっとした黒糖の繊細な薄い生地を崩すと中には苺とキャラメルのアイスにクランブル。
苺の甘酸っぱさ、キャラメルの苦み、クランブルの食感。すべてのバランスが均一で、無言で食べちゃいました。

2009_0517Pain0136.jpg
210429Hajime28.jpg
2009_0517Pain0138.jpg


最後の小菓子は、生チョコ2種。これが悶絶もの!!最後の最後までビックリさせられちゃいました。
生キャラメル、ウィキョウの砂糖菓子、グラスデザート(ああ、忘れてしまいました…)
そしてコーヒー。

最後はシェフが出てきてくださって、お話しすることができました。
物腰穏やかで丁寧な方でお見送りまでしていただいて、本当に素敵な時間を過ごすことができました。
どうもありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

awa tama

Author:awa tama
仕事が多忙につき頻繁にブログをアップするのが
厳しくなってきたので、
可能な時のみのアップになります。

そして、コメントについては、
なかなかお返しすることが難しいので、
誠実な対応ができず申し訳あ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
クヒオ大佐
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。